頭頂部の薄毛の原因改善に効果の高いシャンプーや育毛剤検証

頭頂部の薄毛の原因改善に効果の高いシャンプーや育毛剤検証

頭頂部の薄毛改善に効果の高いシャンプーや育毛剤、食べ物などを詳しく解説しています。また頭頂部の薄毛の原因についても載せています。頭頂部の抜け毛に悩んでいるなら参考にしてください。

ホーム

頭頂部の薄毛の原因と改善方法

頭頂部の薄毛改善に効果の高いシャンプーや育毛剤検証

 

頭頂部の薄毛で悩んでいる男性は多いですが、女性でも頭頂部の薄毛で悩んでいる人は多いです。

 

頭頂部の薄毛って場所がわかりずらいので、鏡で見てもすぐには薄毛の症状に気づかずに、いつの間にか髪の毛が少なくなっているということに気づいたという人が結構多いんですよね。

 

シャンプーしている時に何となくちょっと髪の毛のボリュームが少ないなと感じて、手鏡の反射を利用して頭頂部を確認したら思いのほか薄くなっていたというのは珍しいことではないです。

 

ではこういった頭頂部の薄毛「つむじハゲ」の原因とは何なのでしょうか?

頭頂部の薄毛の原因とは?

頭頂部の薄毛の原因

 

頭頂部の薄毛の原因として挙げられるのは男性ホルモンの一種と呼ばれているDHT(ジヒドロテストステロン)が大きな原因になっています。

 

このDHT(ジヒドロテストステロン)が頭頂部の薄毛の元凶ともいえる存在なのですが、男性ホルモンそのものではなく、このDHT(ジヒドロテストステロン)が原因とはどういうことなのでしょうか?

 

ではそもそもDHT(ジヒドロテストステロン)とはどのようなものなのでしょうか?

DHT(ジヒドロテストステロン)とは

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンのTH(テストステロン)が変化したものでDHT(ジヒドロテストステロン)には、頭頂部の薄毛や、体毛が増えたり、精力が減退したり、前立腺が肥大するなどの嫌な効果があります。

 

男性ホルモンなら精力減退はおかしいのでは?と思う人もいると思いますが、精力増大などの効果があるのはTH(テストステロン)の方です。

 

TH(テストステロン)はペニスが大きくなったり、精子の量が増えたり、筋力が成長したりなど、男性ホルモンの効果を象徴したような特徴があります。

 

つまり男性ホルモンには、良い男性ホルモンTH(テストステロン)と、悪い男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)があるということです。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)によって頭頂部の薄毛が進行していくので、頭頂部の薄毛で悩んでいるならDHT(ジヒドロテストステロン)をしっかりと抑制していくことが大事になってきます。

 

DHTが発生する原因とは?

DHT(ジヒドロテストステロン)は男性ホルモンのTH(テストステロン)が変化してしまった成分だというのは説明しましたが、どうしてこのように変化してしまうのでしょうか?

 

それは5αリダクターゼ(Ⅱ型)という成分がTH(テストステロン)に影響を与えてDHT(ジヒドロテストステロン)になるのです。

 

5αリダクターゼ(Ⅱ型)は体毛やヒゲが濃い人に多いという特徴があり、よく言われているように、体毛やヒゲが濃い人に薄毛が多いというのはこの5αリダクターゼ(Ⅱ型)が多い原因でDHT(ジヒドロテストステロン)が多く生まれているということに繋がります。

 

そのためDHT(ジヒドロテストステロン)が増えてしまって頭頂部の薄毛が促進されるのです。

頭頂部の薄毛はAGAの典型症状

頭頂部の薄毛はAGAの典型症状

 

頭頂部の薄毛であるいわゆる、つむじハゲと呼ばれる症状は有名なAGAの典型的な症状です。

 

AGAは男性型脱毛症と呼ばれるもので上記で示したDHT(ジヒドロテストステロン)による薄毛がAGAと呼ばれています。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)はヘアサイクルに悪影響を及ぼして、ヘアサイクルの成長期の期間を短くしてしまって、髪の毛が成長するのを阻害する効果があります。

 

AGAは現在ではクリニックで治療したり、それに対応した育毛剤やシャンプー、薬などを利用して治療している人も多いです。

 

では頭頂部の薄毛の原因は他にもあるのでしょうか?

頭頂部の薄毛は生活習慣も大きな原因になっている

頭頂部の薄毛は生活習慣も大きな原因

 

頭頂部の薄毛は男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)だけが原因とは限りません。

 

頭頂部の薄毛は色々な原因が積み重なって発症していると言って良いと思います。

 

具体的には毎日の食生活睡眠ストレスなどが大きく関わってきています。

 

特に食生活についてはバランスの良いものを心がけるようにすることが大事になってきています。

 

近年だと食生活の欧米化によって、日本人も欧米人のように若ハゲで悩んでいる人が増えてきています。

 

やはり肉食中心で糖類過多の食生活を行っていると髪の毛に悪影響を及ぼすようになります。

 

また睡眠不足や過剰なストレスもこういった頭頂部の薄毛に大きな影響を与えるので注意が必要です。

 

当サイトでは頭頂部の薄毛の原因と改善方法について詳しく解説しているので、頭頂部の薄毛で悩んでいるならその解消方法を当サイトの情報を参考にして取り組んでみてください。

髪の毛を洗った際の抜け毛の本数

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

髪の毛を洗った際の抜け毛の本数が気になっている人は多いのではないでしょうか。髪の毛を洗った際の抜け毛の多さで自分の薄毛が進行しているのか測っている人も多いのではないでしょうか。

やはり普段よりも髪の毛を洗った際の排水溝に多くの抜け毛があると不安になるのは当然のことだと思います。

ではそもそも髪の毛を洗った際の抜け毛の本数はどれくらいが正常の範囲内なのでしょうか?

一日の抜け毛の本数は100本〜150本程度で洗髪時の抜け毛はこの約半分の50本〜70本程度が通常の範囲だと言われています。

とは言ってもこれは抜け毛の正常な範囲内で、これと同じくらいの髪の毛がその後生えてこないとどんどん薄毛が進行していくので注意が必要になってきます。

つまり一日の抜け毛が70本で平均よりも少ない抜け毛量だったとしても、生えてくる髪の毛が50本だったら薄毛が進行していくということです。

そのためあまり抜け毛に一喜一憂しないようにすることも大事です。

一日の抜け毛に気持ちをすり減らしていると、それはそのままストレスにも繋がってしまうので非常にやっかいです。

特にお風呂場で抜け毛を一本一本数えているような場合だとさらにストレスが溜まっていくので、むしろ気にしないようにした方が髪の毛に良いです。精力剤

薄毛対策に効果的な育毛剤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

若はげなどの原因になっているのはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが変形したものですが、このジヒドロテストステロンはテストステロンに5αリダクターゼが結合すると生成されるものです。

こうしたテストステロンに5αを抑えることが薄毛対策に繋がってくるのですが、どういったものを食べると効果的なのでしょうか。

5αリダクターゼを抑制するにはイソフラボンや亜鉛を含んだものを食べると効果が高いです。

おすすめなのは納豆で大豆イソフラボンと亜鉛を両方含む食べ物になっています。意外と身近な食材ですが、薄毛に効果があると思っている人は少ないのではないでしょうか。

納豆が嫌いという方には豆腐を食べるようにするといいかもしれないですね。

日本人は割と豆腐を良く食べますが、食生活が欧米化しているとなかなか摂取しないと言う人も多いので注意しましょう。

ちなみに亜鉛は牡蠣、しじみ、エビ、牛肉、小麦、卵、ゴマなどに多く含まれているので是非積極的に摂取するといいです。

特に牡蠣やしじみには亜鉛が多く含まれているので合わせて食べるようにするといいと思います。

こうした薄毛対策に効果的な食材は手軽に摂取できるので、薄毛が気になっているという人は積極的に食べるようにしましょう。母乳育児の完全母乳ママ理沙の相談室(母乳が出ない方必見)

薄毛改善のシャンプー方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所要時間 約 2分

育毛剤に興味のある人も少なくないとは思いますが、それよりも普段か行っているシャンプーが大事だと言うことはご存知でしょうか?

髪を育てるためのシャンプーは頭の皮脂や汚れを排除し、髪を丈夫でしっかりと育てる助けとなります。

普段私たちが使用しているシャンプーに入れられている成分で、洗浄効果のあるものは、デリケートな頭皮に悪い影響を与えやすく髪が抜けてしまう可能性もあるのです。

しかし、髪の成長のためのシャンプーを使用すれば、頭皮や髪の毛にダメージを与えない成分で優しく洗い流すことが可能となっているので、髪の成長につなげることができます。

育毛シャンプーの需要はかなりあり、育毛剤と併用して使用することができるのでかなり便利に利用している人が多いです。

育毛剤などを利用している人は育毛シャンプーにもしっかりと眼を向けるようにするといいとおもいます。

合わせてシャンプーの際にはしっかりと頭皮マッサージを行うようにすることも大事になってきます。

マッサージをすることによって固くなった頭皮をほぐし、血行の促進をはかれます。血行が良くなれば充分な栄養を頭皮に送れ、髪が生えやすい環境を作りだせます。

育毛シャンプーと頭皮マッサージと育毛剤は3身一体という感じの若ハゲの薄毛対策には必須の取り組みです。債務整理ランキング

最近の投稿